六根清浄(ろっこんしょうじょう)!


今朝、富士山山開きの昨日登った方の写真を眺めていて、「六根清浄」という言葉に出会いました。

「六根清浄(ろっこんしょうじょう)とは、人間に具わった六根を清らかにすること。

六根とは、五感と、それに加え第六感とも言える意識の根幹である 眼根(視覚) 耳根(聴覚) 鼻根(嗅覚) 舌根(味覚) 身根(触覚) 意根(意識) のことである。」(Wikipediaより)

(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説)
六根清浄 ろっこんしょうじょう 眼,耳,鼻,舌,身,意の六根が,修行することなどの功徳によって清らかになること。このとき六根は完全に調和した理想的状態にいたるという。登山する修行者が「六根清浄」と称えることもある。


この言葉に出会って、「は!!」っとしたんです。
なんで今になって、富士山に登りたくなったのかがわかった気がして…

大学の時はワンゲル部でよく高い山にも登っていたけれど、富士山は登らずじまいでした。

若かった頃は「ずっと頂上が見えている山なんて登っても面白くない!」なんて思っていて。
でもそれも結局若さゆえの「自意識過剰」だったんだなー、って気がします。

でも今はわかります。一歩進むごとに見える景色は変わるんだってこと。

とりあえずこの国の中で一番高いところで見る景色、たとえ曇っていたとしてもきっと素晴らしいと思います!
きっとそこに行く、この身を運んでいくってこと自体が大事なんですよね。

「どうやったら身体や心がいい感じにゆるむんだろう…」ということに興味を持って自分なりに探究していくうちに、「あるがまま」という状態と「五感」の関係が見えてきたような気がしています。
持っている機能をちゃんと働かせることにより、身体は「自ら然る(おのずからしかる)」のだってこと。

富士山に「登っていいよ」ってお許しをいただけたような気がして何か勝手にうれしい気分になりました😊 
さあ、そろそろ装備の方も準備を始めなきゃ💦

「温かい手」のセルフケア・ノート

出張ボディケアセラピスト& セルフケアファシリテーターの村田都です。 日々自分の身体と対話を繰り返しながら、自然治癒力をUPさせるリラクセーションや自分でできるケアについての研究をしています。 カラダとココロに良さそうなこと、何でもまず自分の身体で試してみて、ここに報告・提案していこうと思います。