〈セルフ足浴のススメ〉

気温がぐっと上がり、やっと春らしいお天気になってきましたね!

暖かくなってきたからもう大丈夫!と安心するのはまだ早いですよ~。


季節の変り目は気温や湿度、気圧の変化が大きくなる→自律神経のバランスが崩れやすくなる→免疫力や抵抗力が低下しやすくなり、体調を崩しやすくなります

この時期の免疫力低下は、「花粉症」にも影響大!ですよね。


「温かい手」では、自然治癒力UPの手段として「温める」ことを重要視しております。

「温める手段・その壱」→足浴、フットバス

簡単ですが、効果大です。


とっても寒かった一昨日と昨日…。

湯船に浸かる余裕がなかったので、寝る前に15分~20分位、足浴をしてみました。

足浴をした翌朝、いつもと何が違うかあらためてチェックしてみると……


・身体に違和感や痛いところがない。

同じ姿勢で長時間寝ているせいなのか、朝起きた時に腰や肩がちょっと痛かったりすることがあるのですが、そういう感じがなくスッキリしていました。


・立った時、足裏全体が床にぺたっとついて、安定感がある。

これにはびっくり。朝起きたばかりなのに、立ち上がると、いつものセルフケアで足首や股関節を回したり動かしたりした後と同じような足裏の安定感!このことを確認したくて、次の日も足浴してみた次第です。やっぱり同じようにいい感じの足裏になっていました。

朝起きた時からこの足裏だったら、動きやすい身体でスムーズに、より快適に一日を始められそう!


ただじっと足を浸けているだけでなく、温かいお湯の中で足指じゃんけんのように足のひらや指を握ったり開いたりしてみましょう。

一日体重を載せ続けて固くなっていた足裏の筋肉が緩み、土踏まずのアーチもリフレッシュ→血行が良くなり、さらに足首を動かせばふくらはぎのポンプが働いて冷え&むくみの緩和に!

実際自分で試してみて、足浴の効果を再確認しました。


どなたにもいいことがあると思いますが…、

特に「朝起きたときに腰が痛い!」「足の冷え・むくみが辛い…」というような方、

是非是非、「セルフ足浴」を生活に取り入れてみてください。

「温かい手」の施術では、折りたためるバケツを使用しています!

コレ、場所とらないし、とても便利ですよ。

「温かい手」のセルフケア・ノート

出張ボディケアセラピスト& セルフケアファシリテーターの村田都です。 日々自分の身体と対話を繰り返しながら、自然治癒力をUPさせるリラクセーションや自分でできるケアについての研究をしています。 カラダとココロに良さそうなこと、何でもまず自分の身体で試してみて、ここに報告・提案していこうと思います。